暮らしの近くで。長く続けることだから、いつも感じられる心地よさを。

クリニックの特長

通院のしやすさが、大きな魅力です。

当クリニックは、JR山手線・京浜東北線の御徒町駅南口から徒歩3分。そのほか、東京メトロ日比谷線・銀座線、都営地下鉄大江戸線の各路線も利用できます。通院にとても便利なアクセス環境です。

山手線イメージ

無料送迎サービスも行っています。

通院が困難な方には、車イス専用リフトカー(2台)による無料の送迎サービスをご提供しています。患者様のご自宅からクリニックまでの通院をサポートします。

車イス専用リフトカー写真

広くてきれいでベッド数も豊富です。

536m²の広々としたワンフロアに、40床という豊富な透析ベッド数を備えています。お仕事の都合などによる透析日の変更にも、余裕をもって柔軟に対応できます。

  • 透析用ベッド写真
  • 透析用ベッド写真
透析用ベッド写真

TOPへ

クリニックの概要

クリニック内写真

診療科目

  • 外来:内科、血液透析、腹膜透析
  • 専門外来:腎臓内科、高血圧、糖尿病(各種保険取扱)

診療時間

  • 内科一般(月曜日〜金曜日)
  • 14:00〜15:00

透析時間

  • 月曜日〜金曜日
  • 午前の部: 9:00〜15:00
  • 午後の部:16:00〜22:00
  • 土曜日・祝日
  • 午前の部: 9:00〜14:30
  • 午後の部:15:00〜21:00
待合室写真

待合室

ロッカー(男子)写真
ロッカー(男子)

ロッカー(女子)写真
ロッカー(女子)


レントゲン室写真

レントゲン室

TOPへ

クリニックの設備

透析治療最新機器写真

最新の機器を使用し、安全かつ清潔に、患者様に合わせた透析を行っています。

私たちは、透析機器の保守・点検はもちろん、品質管理を徹底し、安全で清潔な透析治療をご提供しています。
機器は現在、多人数用透析装置のほか、個人用血液ろ過透析装置(DBG-02)、個人用多用途透析装置(DBG-03)、多人数用血液ろ過装置(DCG-02・TR-7000M)を備えています。血圧が下がりやすい方や気分が悪くなる方には、個人用透析装置を用いて高ナトリウム透析や血液透析濾過(HDF)を、糖尿病の方や高齢の方には、無酢酸透析液を使用した血液浄化療法(AFBF・カーボスター)を行います。そのほか、血液ろ過透析(HDF)・血液ろ過(HF)などの専門治療にも対応しています。
今後も最新医療を研究しながら、各患者様に最も適したダイアライザー(透析器)を選定し、症状に応じた透析治療を行っていきます。

ダイアライザー(透析器)について。

ダイアライザーは血液透析の際に腎臓の代わりをする装置、いわば人工腎臓です。目に見えない無数の穴が開いた、半透膜というストロー状の細い膜がたくさん束ねられています。その中を血液が通り、老廃物や電解質など体に余分な物質のみが取り除かれる仕組みになっています。

さまざまなダイアライザーをご用意

ダイアライザーは種類によって材質・有効膜面積・血液容量・生体適合性・滅菌法などが異なり、患者様の体格・病状などから判断して適切なものを使用します。血液透析導入初期の患者様には不均衡症候群を抑えるため、低効率のダイアライザーから使用を開始します。効率を上げる必要がある患者様には高効率のダイアライザーを使用しますが、膜や膜孔の大きさによって物質の除去性能が違うため、当クリニックでは多種類のダイアライザーをそろえ、患者様の状態(抗血栓性・生体適合性・透析効率・かゆみ・痛みなど)に合わせたものを選定しています。特に、透析期間の長期化に伴い、合併症である透析アミロイドーシスが顕在化してきた患者様には、その原因物質β2-マイクログロブリン(β2MG)を除去するために、β2MG吸着カラムであるリクセルを併用使用しています。

TOPへ